tomobataraki

子どもは、もしかしたら人生に大切な2つのことを学んでいるのかもしれません。
「今日はこんなだけど、たまにはこういう夕飯もいいよね」と罪悪感を捨てて、笑顔で食卓を囲めますように。
わが子のこと、どのくらいわかっている自信がありますか? 子どもの姿がわかる、ちょっとしたゲームをご紹介します。
またいつもの調子で忙しさにかまける自分がいる。そこでラシク編集長宮﨑と一緒に三砂先生に人生相談。最近、不機嫌な妻なんですけど、どうしたらいいですか?
「男性育休」を振り返って、実際のところは?社内の風土は? 今後は? など、リアルな話を伺いました。
男児四人、双子を抱える筆者がお勧めしたい山を切り開いて作られたアスレチックパーク。
「仕事を終え帰宅、その疲れた体で家事をこなしたら、もう子どもとふれあう時間がない」と悩むパパやママ、多いのではないでしょうか。
ママからワーママへの変身を遂げるコスメをご紹介。
働きながらPTA本部役員を経験から、リアルなアドバイスと失敗せず本部役員になる方法を伝授します。
在宅ワークで働く8人のワーママに、理想と現実、上手に活用するコツについて聞きました。
「ふたごじてんしゃ」ができて、必要とする人が乗れるようになればハッピー、ではないんですよね。
復職・転職・第2子出産を経て中野さん自身が経験したリアルなジレンマを含め、トークセッションの様子をレポートします。
時短勤務が終わると同時にワークスタイルあるいはライフスタイルを変えたママたちを紹介します。
ブランクがあることによって自信を失ってしまっている方が多くいることもまた事実です。
朝のバタバタから始まり、仕事、お迎え、帰宅後から寝かし付けまで、自分の時間なんてほとんどない方も多いのではないでしょうか。
両親が関西弁、でも子どもたちは標準語。ふとした時の寂しい気持ち。そんなジレンマを少しだけ緩和させてくれた出来事がありました。
学んだことの一つは、「今までと同じように時間をかけて働くという概念は捨てること」。
今できることを手探りで模索していたら、結果オーライ、復職につながったケースも多いようで。
成長のステージが変わるときこそ、親はより注意深く子どもを見守る必要があるのだと思います。
どんな情報でもそのまま信じる前に裏を取りましょう。裏を取るには…