tomobataraki

「ふたごじてんしゃ」ができて、必要とする人が乗れるようになればハッピー、ではないんですよね。
復職・転職・第2子出産を経て中野さん自身が経験したリアルなジレンマを含め、トークセッションの様子をレポートします。
時短勤務が終わると同時にワークスタイルあるいはライフスタイルを変えたママたちを紹介します。
ブランクがあることによって自信を失ってしまっている方が多くいることもまた事実です。
朝のバタバタから始まり、仕事、お迎え、帰宅後から寝かし付けまで、自分の時間なんてほとんどない方も多いのではないでしょうか。
両親が関西弁、でも子どもたちは標準語。ふとした時の寂しい気持ち。そんなジレンマを少しだけ緩和させてくれた出来事がありました。
学んだことの一つは、「今までと同じように時間をかけて働くという概念は捨てること」。
今できることを手探りで模索していたら、結果オーライ、復職につながったケースも多いようで。
成長のステージが変わるときこそ、親はより注意深く子どもを見守る必要があるのだと思います。
どんな情報でもそのまま信じる前に裏を取りましょう。裏を取るには…
「自分が家事をやるよ」と張り切ったものの…
「働きたい...... でも、子供との時間も確保したい......」といろんな思いがありました。
朝のちょっとした楽しみがあれば、布団から出て身支度するのも、素早く動けるんです。
安心して復職を迎えるためにも、保育園やその他の預け先を確保することは先決事項です。
人事異動もあり、戻ったときに「私がいた時と全然違う」と感じるのはよくあることです。先輩ワーママはどんなことに戸惑いを感じたのか、実体験を伺いました。
職場復帰後のママが特に陥りがちな、2つの現象「キャリアダウンへの失望」と「ブランクがもたらす浦島太郎化」について、先輩ワーママの体験談を交え、対策を伝授します。
今回は、最近注目されている注目されているアクティブラーニングの概要を、私の経験を踏まえてお話します。
子どもが夜中に39度超の中、泣いて泣いて仕方がないときにも薬を飲んでくれなかった辛さに比べたら...〇〇なんて可愛いもの。
お便りは毎日毎日届きます。まずは整理することからはじめ、省ける手間は省きましょう。
「働き方って外に出て企業で働くことだけでなく、いろいろ組み合わせて自分でできることを続ければいいのだと思います」