toranpuseikenno100nichikan

公約のほとんどは実行できていないが、話題には事欠かない、まさに劇場政権である。
メディアと激しく対立している状況下で大統領報道官としていかにトランプ大統領をメディアの批判から守るのか、その手腕が注目される。
「この港が混乱に巻き込まれたら、飢饉を防ぐための活動は重大な危機を迎える」
トランプ大統領が就任してからの100日間は、空騒ぎの連続だった。
トランプ氏が大統領に就任してから100日を迎えた4月29日、アメリカ各地で、トランプ氏の政策に反対するデモが行われた。
「私たちはもはや、時間との闘いの最中にある」
ホットラインに電話して、宇宙人の情報を提供するのだ。
政府は、民主党と共和党が本予算案の交渉をまとめる1週間の間、政府機関の閉鎖を免れる。
有志連合がイエメンの港を奪還すれば、大規模飢餓という代償を払う可能性がある。
ハフポストUS版がクラウドソーシングデータ・プロジェクトを利用して特定した。
トランプ氏のツイートや侮辱で、アメリカで報道の自由がすでに蝕まれている。
トランプ氏が出した移民に関する大統領令は、裁判所から相次いで差し止め処分が下されている。
インタビューの中で最も意味不明な部分をいくつか指摘しておこう。
何らかの成果が何としても欲しいようだ。
「メディアはなかったことにするつもりだ!」
「ビル・オライリー氏が今後FOXニュースに登場することはないだろう」
「私はアメリカ国旗の下で暮らしたくない」
夕食会当日に、中国から3件の商標登録について仮承認を受けていた。