toransujenda

トランスジェンダー当事者のための場所であり、「誰でもウェルカム」なトランスデー。ここにどんな人たちが集い、どんなつながりが作られるのでしょうか。
「私は、自分自身を否定するように娘に教えていたのです」。男性は、娘が自分らしくいることを認めなかった当時を反省し、学んだことを訴えました。
スポーツ担当大臣のロクサナ・マラシネアヌ氏は、オリンピックにも出場経験のある元水泳選手。
東京オリンピックにニュージーランド代表として出場したローレル・ハバード選手。「私の参加をめぐる論争に完全に気づいていなかったわけではありません」と振り返りました。
トランスジェンダー女性の方が有利だ、という声に対し、専門家は「アスリートが経験してきた苦しさなどに想像が及んでいない現状がある」と指摘する。
「なぜ日本ではまだ早いと思うのだろうと考えていたら、やらないから『早い』ままなのだと気が付きました。自分はそれを実現できる立場にある」
パートナーを、娘を守るために重ね続けた「嘘」。結婚できないことが性的マイノリティのカップルを苦しめている
結婚の平等は同性カップルだけの問題?いえ、トランスジェンダーの人たちにとっても大事なことなんです
住民票上の性別や続柄の記載が変更されないのは違憲として、アメリカ人トランス女性と、パートナーの日本人女性が国などを提訴した。