toreningu

「今日は一日頑張るぞ!」何を頑張るかは人それぞれでも、だれにだってきっとそんな風に気合いの入った朝があるもの。そんな日は、いつもより早起きをしてコーヒーを淹れ、身支度を整えながら、気持ちの整理や持ち物の確認を丁寧にやっていきたい。もちろん、朝食もぬかりなく。
タンクを背負わず、息を止めて海中深く潜るスポーツ・フリーダイビング。7年ほど前からその魅力に完全にはまってしまったと話すフリーダイバーの武藤由紀さんは、平日はITのベンチャー企業で働き、週末はフリーダイビングに没頭している。多忙な生活の中、潜る身体を維持するために行っている事を聞いてみた。
ランニング、続いていますか? 朝走ろうと思って起きられなかったり、家の近所や有名なランスポットも一通り走って飽きてしまったり......。そんな、"燃え尽きランナー"にこそおすすめしたいのが、「トレイルランニング」です。ランニングのギアショップを経営する桑原慶さんと、桑原さんのトレラン仲間である小松俊之さんを迎えた連載「How to トレイルランニング」、第4回は原宿の「DESCENTE SHOP TOKYO」で行われたお2人のトークショーの様子をお届けします。
「普段、日本にいる時にはほとんど歩かない。なのに、パリに来てからは、時間があるとずっと歩いてる」。出張でパリにいらした方から、そんな声をよく聞きます。散歩するだけでも気持ちのいいパリですが、人通りも交通量もぐっと少ない日曜の朝は、ジョギングに最適です。フランスは、デパートを始めショップも日曜・祝日はお休みですし、観光で回るのも良いけれど混雑は必至。それならいっそのこと、朝ジョギングをして、ゆっくりとランチを楽しむ。これまでと違ったパリの過ごし方をしてみませんか?
宝塚歌劇団の雪組で男役を務めたMACHIKO(風見玲央)さんと、小林紀子バレエ・シアターを経て劇団四季で活躍していた水井博子さん。公演で全国をまわる過酷な現役生活を経て、女性のためのフィットネススタジオ「目白 椿の坂スタジオ」でインストラクターを務めている。舞台生活、出産、インストラクターとさまざまな経験を通して、長い間カラダと向き合ってきたふたりが、今思うカラダにいいこととは。
フランスは、デパートを始めショップも日曜・祝日はお休みですし、観光で回るのも良いけれど混雑は必至。それならいっそのこと、朝ジョギングをして、ゆっくりとランチを楽しむ。これまでと違ったパリの過ごし方をしてみませんか?
スポーツや運動を通じて、そこに参加する人同士の結びつきや一体感は強まりますが、それが"親と子"であっても例外ではありません。感動の名作として人気の高い『チャンプ』(1979)は、男手ひとつでわが子を育てるボクシングの元世界チャンピオンと、彼を"チャンプ"と慕う息子の物語。7年前に現役を退き、今では酒とギャンブルに現を抜かす父は、息子に勇姿を見せるため再びリングに立つ決意をするのですが......。
世界トップレベルのスイマーであり、メディアへの登場も多い入江陵介選手と立石諒選手。ロンドンオリンピックでともにメダル奪取の活躍が印象に残るふたりは、実は高校時代からお互いを知る同級生。プライベートでも親交の深い間柄なのである。20代半ばを迎え、ともにこれまで以上に体調管理の重要性を感じているというが、果たして、どんなカラダにいいことを行っているのだろうか?
世界トップレベルのスイマーであり、メディアへの登場も多い入江陵介選手と立石諒選手。20代半ばを迎え、ともにこれまで以上に体調管理の重要性を感じているというが、果たして、どんなカラダにいいことを行っているのだろうか?
BRUTUSで主に映画ページを担当するライター・門間雄介さんが選ぶ、「カラダにいい映画」をご紹介。