towairaitoekusupuresu

6月22日午前4時15分ごろ、北海道木古内町のJR江差線札苅駅構内で、20両のコンテナ貨車を牽引した貨物列車(札幌貨物ターミナル駅発宇都宮貨物ターミナル行き)が脱線した。けが人はなかったが、江差線は23日も上磯~木古内で運転を見合わせている。
寝台特急〈トワイライトエクスプレス〉は、1989年7月21日に運転開始した。大阪―札幌間1502.5キロを21時間09分かけて走る列車で、当初はJR西日本と旅行代理店などのタイアップによるツアーに参加しないと乗れなかった。
鉄道ファンあこがれの寝台特急が、姿を消すかもしれない。JR西日本は28日、車両の老朽化を主な理由に、国内最長路線の寝台特急「トワイライトエクスプレス」(大阪―札幌)の来春限りでの引退を発表。
JR西日本などが運航する国内最長の寝台特急「トワイライトエクスプレス」が、2015年春までで引退することが決まった。
2014年3月15日、終点到着をもって寝台特急〈あけぼの〉が定期運転を終えた。今後は臨時列車として運転されるとはいえ、長く続く保証はない。寝台特急〈あけぼの〉は臨時列車として残り、すでにゴールデンウィークの運転が発表されているものの、定期運転のとりやめはさびしい。