toyota-mirai

ホンダは3月10日、燃料電池車の「クラリティ フューエル セル」のリース販売を開始した。
トヨタ自動車は2月24日、燃料電池車「MIRAI」の生産ラインを報道陣に初公開した。
トヨタ上級副社長のボブ・カーター氏が燃料電池自動車へのテスラCEOのイーロン・マスク氏の、「実に馬鹿げたもの(フール・セル)」との批判を一蹴した。
FCVに未来があるかは不透明だ。むしろ世界には普及せず、日本の一部だけでしか使われないガラパゴス・カー、"ガラカー"になる恐れもあるとみておくべきだ。
トヨタ自動車は11月18日、燃料の水素に空気中の酸素を反応させてできた電気で走る燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の発売を12月15日とすると発表した。