toyota-nenryodenchisha

トヨタ自動車とマツダが、環境技術で提携関係を拡大する方向で調整に入った。トヨタが燃料電池車などの技術を、マツダが独自の低燃費技術などを相互に提供することを検討している。
トヨタ上級副社長のボブ・カーター氏が燃料電池自動車へのテスラCEOのイーロン・マスク氏の、「実に馬鹿げたもの(フール・セル)」との批判を一蹴した。
トヨタ自動車は11月18日、燃料の水素に空気中の酸素を反応させてできた電気で走る燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の発売を12月15日とすると発表した。
水素で走る「燃料電池車(FCV)」の普及を目指し、政府は購入者に対し、1台あたり200〜300万の補助金を支給する方針を固めた。
現在の日中関係は間違いなく戦後最悪といって良いだろう。基本的な認識として、関係悪化の主たる原因は中国側にあり、安倍政権に特段の落ち度があるとは思えない。ネットを閲覧すると、アメリカ政府が「終わった話」と終了宣言を出している安倍首相による靖国参拝が日中関係を毀損したと今尚批判する声も散見される。