tpp-juyo5komoku

オバマ大統領が4月23日18時50分ごろ、大統領専用機「エアフォース・ワン」に乗って羽田空港に到着した。2009年、2010年に続いて3回目で、今回は初の「国賓」としての待遇を受ける。2泊3日の日程の中で、日米最大の懸案事項である環太平洋連携協定(TPP)について安倍首相と話し合う見込みだ。オバマ氏の来日スケジュールをまとめてみた。
環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、米国が日本にすべての輸入品の関税をなくすよう求めていることが分かった。日本が例外扱いを求めているコメなどの農産品「重要5項目」も、20年以上の猶予期間をつくるなどして撤廃するよう要求。米国の想定外の強硬姿勢に日本政府は反発を強めており、年内妥結は不透明さを増している。
自民党の西川TPP対策委員長が、「聖域」とされてきたコメなど「重要5項目」を再び見直すと発言したことを受け、国内外から期待の声があがっている。どのような内容だろうか。
政府の環太平洋経済連携協定(TPP)対策本部は、ブルネイで22日から始まる第19回目のTPP交渉会合において、コメなど「重要5項目」を例外と主張することを、見送る方向で調整に入った。具体的な名前を出さずに、10年以内に関税を無くす品目の割合を示す「自由化率」だけを提案するという。理由は…