tpp-kosho

日米両国ともにTPP閣僚交渉の最終妥結に向けた期待と意気込みが強かった。合意に至らなかったのはなぜなのか。
アメリカ人の経済学者が日本経済の復活のために日本が何をしなければならないかを書いています。
米下院は25日、貿易自由化の影響を受ける労働者を支援する「米貿易調整支援(TAA)」プログラムの継続法案の採決を行い、賛成286票、反対138票で可決した。
米上院本会議は24日、環太平洋経済連携協定(TPP)合意の前提となる「大統領貿易促進権限(TPA、通称ファストトラック)」法案の再採決を行い、賛成60、反対38で可決した。
オバマ米大統領は3日、環太平洋連携協定(TPP)交渉妥結に向けた協力を得るため、TPPに消極的な民主党下院議員の説得に力を入れ始めた。
上院での議論で、TPPが長く白熱することが明らかになった。これからは、はるかに激しい消耗戦が待ち受けている。
アメリカ上院は21日、オバマ大統領が抱える貿易上の課題である法案の審議を終え、評決で環太平洋経済連携協定(TPP)締結の前提となるファスト・トラック法案(TPA)を可決した。
米上院の与野党は13日、環太平洋経済連携協定(TPP)妥結に不可欠とされる大統領貿易促進権限(TPA、通称ファストトラック)法案の審議開始に必要な動議の採決を14日に行うことで合意した。
[東京 26日 ロイター] - 環太平洋連携協定(TPP)をめぐり、日米間では大筋合意に至らなかったが、実際の交渉では日米間の歩み寄りはかなり進んだとの観測も出ている。 甘利明TPP担当相は26日の民放番組で交渉は8合目まで進んだのと見解を表明した。
内部告発サイト「ウィキリークス」は1月15日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉における環境関連の内部資料を公開した。その内容に、環境保護団体は厳しい非難を加えている。