tsuka

今国会の予算会期中に導入する予定の法律は「インドにおけるすべての民間仮想通貨を禁止する」ことを目指している。
ビットコインを初めとする仮想通貨への投資が加熱しています。
無私の気持ちで、大変な苦労をして宿場町を救おうとする姿勢に心を打たれる。
オイルマネーの札びらを切る金満家に一体何が起こっているというのか。
中国が人民元を切下げました。今日のフィックスは前日に比べて-1.9%低い水準の6.2298でした。
coincheckは、2015年3月に月間取引額1億円を突破。現在、Bitcoinへのお金の流入は静かに拡大しているのだ。未来の銀行を目指す彼らに話を聞いた。
とりあえず、私の話が予定より長引いてしまった(申し訳ない)以外はイベント自体は概ね順調だったのだが、後で聞いたら、怒って途中退席した人がいたらしい。確かに出て行ったっぽい人がいたような気がする。どうもビットコイン投資をしている人らしくて、なんでも遠くからわざわざ来て参加したのに、期待した話がまったく出てこないので怒って帰ったとか。イベント後の懇親会費を払い戻させて憤然と出て行った由。
政府は、ビットコインは日本において通貨に該当しないとの見解を表明。一般論として、法人税法、消費税法などに定める課税要件を満たす場合には課税されるとした。
金曜日(1月24日)の日経平均は304円安で終了した。一方、その後のニューヨーク市場も318ドルの大幅安で終わった。前日(23日)発表された中国PMIが半年ぶりに50を下回った事(チャイナリスク)、23日から24日にかけてアルゼンチン・ペソ、トルコ・リラ、南アフリカ・ランドなどが急落した事が市場に暗い影を落としたからである。
まるで酔っぱらいのように崩壊と回復を繰り返した2013年のビットコインは、マスコミに無限のネタを提供し、存在を大衆に知らしめると共に、それを支えるネットワークは一歩ずつ成熟しつつある。1日に50%も損したり儲かったりする資産は投機の道具として扱うほかなく、中でもこれは驚くほどリスキーだ。