tsushinkyoiku

ここでは、看護専門職通信教育開講から初の修了生を出すまでの2年を振り返って見えたものとこれからについて触れていくことにします。
今回は「タブレット派」と「紙派」について、それぞれのメリットやデメリットなども紹介していきます。どちらにしようか迷っている方、必見です。
1年を振り返って見えてきたもの、そしてこれからの展望を示したいと思います。
仕事をしながら、同じ目標を持った仲間と一緒に学びを進めている実感とともに、教員をより身近に感じられるような通信制教育であるよう努める必要を感じている。
看護師の高等教育化が先進国で最も進んでいるアメリカにおいても、看護師が不足しているために、臨床現場を離れにくくなっている。
通信教育「Z会」で知られる増進会出版社は5月19日、「栄光ゼミナール」などの学習塾を運営する東証2部上場の栄光ホールディングスを完全子会社にすることで、両社が合意したと発表した。