tsushinnohimitsu

強制的に特定のサイトを見られないようにする接続遮断は、憲法が保障する「通信の秘密」を侵害するおそれがあるとして反対が根強く、政府は当初の方針を押し切れなかった形だ。
法制化の根拠に疑問が突きつけられている。
最近、自由を制限する「社会法益」の法律が多く成立していることに危機感を抱いています。
週刊エコノミストの編集部から、「盗聴法(通信傍受法)」について取材を依頼されたが、丁重にお断りした。
この記事は見出しを読めば、はは〜んあの件やその騒動のことね、と誰でも想像つくだろう。あるいは画像の上にカーソルを載せると出てくるいくつかのリンク先を見てもらってもいい。このところ続々起こったCMの放送中止やドラマへのクレームの嵐についての話だ。
児童ポルノや恐喝などの行為を含む電子メールやLINEなどのネットのやりとりが、通信傍受の対象になるかもしれない。国が行っても良いとされる通信傍受の拡大が、法務省で議論されているのだ。