tsutayatoshokan-tagajoshi

レンタル大手TSUTAYAやTカード事業を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者として運営する多賀城市立図書館(宮城県)の照井咲子館長が、2016年10月末で辞職することがわかった。
「TSUTAYA図書館」と呼ばれる神奈川県の海老名市立中央図書館で起きたタイの歓楽街ガイド本問題が、全国に影響を広げている。同じくCCCが指定管理者となっている佐賀県武雄市や宮城県多賀城市でも、教育委員会が図書館の選書を「確認」するという事態に。自律的に選書を行うべきとする「図書館の自由」を揺るがし事態に発展している。
愛知県小牧市は8月26日、新たに建設予定の市立図書館の設計にアドバイスをする事業者として、カフェ併設図書館などを提案していたカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)と株式会社図書館流通センター(TRC)の協同事業体を決定した。