uber

「移動は無駄」、これは普遍的な事実です。
PRESENTED BY BMW Japan
新しいテクノロジーの受容は年齢よりもその人のテクノロジー観に依るところが大きく、また人びとは、派手な宣伝文句などよりも実用的な技術を求めている。
いろいろな壁はあるものの、将来自動運転車が登場することは間違いないだろう。
患者にも、医師にも優しい「Uberの医師版」という仕組みができることを切に願う。
UBER(米国発配車サービス)は日本ではまだあまり発展していないようですが、その対極にあるのが、アフリカ大陸での急成長ぶりです。
「Tesla Network」はTeslaがUber(および他の相乗りサービス)と競合するための計画ではないかとする評論家の意見についても語った。
配車サービス「テスラ・ネットワーク」が近日登場することがうかがえる。
全体のトレンドとしては、自動運転の前に「所有→利用」つまりシェアリングエコノミーの波が来ます。
配車サービス戦争が一段と激しさを増すようだ。
Didiは中国市場においては、UBERの10倍もの規模を誇っています。