uchidashigeru

「都議会のドン」と呼ばれた内田茂・元自民党都連幹事長の後継・中村彩氏が、国会議員に苦言を呈した。
「内田(ドン)後継」そう呼ばれる宿命を背負っての出馬である。7月に行われる東京都議選の自民党公認最年少候補、中村彩氏に話を聞いた。
「都議会のドン」が、正式に引退の意向を表明した。
小池知事が示す「大義」を上回るものを打ち出せなければ、「都議会自民党」が最大会派の座から転落する日が本当に来るかもしれない。
自民党東京都連前幹事長で都議会自民党の重鎮、内田茂氏(77)が今夏の都議選に出馬しない意向を固めたことが分かったと、毎日新聞などが報じた。
東京都の小池百合子知事と自民党都連との「代理戦争」として注目された千代田区長選が2月5日に投開票され、小池氏が支援する無所属の現職、石川雅己氏(75)が当選した。
2月5日に投開票される千代田区長選が、激しい戦いとなっている。国政選挙並みに注目されているのは、小池都知事と自民党都連の「代理戦争」とも言われているためだ。
「自民党、都連には、本当によくよく猛省を促したい」(若狭勝・衆議院議員)
自民党東京都連会長の石原伸晃経済再生担当相は8月4日、都知事選敗北の責任を取り、都連会長を辞任すると表明した。
今回の都知事選をめぐっては、2代続けて都知事が政治とカネをめぐる問題で辞任したことで、「実務能力」という言葉が盛んに語られました。