uchu

なんと、センサーとかの試験を某遊園地のジェットコースターでやろうなんて話も出てたりする今日このごろ、確かに4G以上も出る環境はなかなか安くは無いような。色々な面白い発想が出てくるのが民間宇宙開発の面白い所です。
フェイスブックにはアップしているけど、ボランティアの人が作ってくれたGoogle Earthと連携している地上局アプリは、ロケットの姿勢や位置をリアルタイムに綺麗な画面でモニタリングが可能ですごい!
高齢化に伴い、日本では葬儀ビジネスが成長産業として注目を浴びている。中でも注目されているのが格安の「宇宙葬」サービスだ。一体いくらで「宇宙葬」が可能なのか?
イプシロン打ち上げに湧く日本の宇宙開発だが、宇宙技術のコモディティ化が進み、現在の家電業界のように「消耗戦」の構図となる可能性があるという。現在の宇宙開発ビジネスは、世界ではどのような状況になっているのか。
宇宙服は手作りできる--。デンマークの宇宙団体が「DIY宇宙服」を発表した。地元の金物屋の材料で作成可能で、NASAが作ったものよりかなり安くできるという。
 種子島宇宙センターから4日、人類初のロボット宇宙飛行士「キロボ」が搭乗したH-ⅡBロケットが打ち上げられた。国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ日本の無人補給機「こうのとり」4号機が搭載され、10日にISSへ入港する予定だ。  「キロボ」は日本語を話し、会話することができる小型の人型ロボットだ。身長は約34cmで、音声認識、自然言語処理、音声合成、コミュニケーション動作などが可能だ。
地球は準備した方がいい。太陽が磁場を反転して極性を変化させ、180度方向を変えようとしている…
アメリカ初の宇宙飛行士を撮影した1965年の写真から1984年に撮影された、比較的に安全といえる宇宙船から恐ろしく離れた位置にいる宇宙飛行士、逆さまのクリス・ハドフィールドの写真まで、安全な宇宙船から離れて浮かんでいる宇宙飛行士の様子は、宇宙で撮影した写真としては何よりも象徴的でしょう。
NASAは18日、地球に似た惑星を3個発見したと発表した。これらの惑星には、生命が存在するために必要な水も存在する可能性が高いという…