uchu

太陽に似た恒星約500億個うち約22%が、表面に液体の水を保持するのにちょうどよい軌道距離の惑星をもっていることが明らかになった。言い換えれば、そのような恒星の5つに1つは、いわゆる「アビタブル・ゾーン(生命の生存に適した宇宙の領域)」内に地球サイズの軌道周回惑星をもっていることになる。
しし座流星群が2013年11月17日の深夜から18日早朝にかけて、最大の観測チャンスを迎える。最も多く流星が現れる極大日は18日の午前1時頃だとされ、1時間あたりの流星数は10個だという。
ハフィントンポスト各国版11月5日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。NASAの研究データに基づく最新の研究によって、天の川には地球と同じ大きさで、同じ気温状態の惑星がおよそ88個ほど存在することが明らかになりました。この研究結果によって、地球外生命体が実在する可能性が大きく拡大すると言われています。
2014年の打ち上げを目指す、小惑星探査機「はやぶさ2」のプロジェクトが、予定通り着々と進んでいる。AFP通信が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のスポークスマンのコメントとして報じた。今後、計画が順調に進めば、「はやぶさ2」は2014年にH2Aロケットで打ち上げられ、2018年に小惑星に到着、2020年に地球帰還の予定とされている。
ついに11/11の打ち上げの情報が公開されました!「ポッキーアンドプリッツロケット」の打上受託をさせていただくことになったのです。というわけで現場は大わらわ。。大変ですね。
今週も来月の打ち上げに向けて大詰め。。。のはずですが、週末はなぜかメンバーの一部は富士急ハイランド方面に行っていました。なんでもドドンパ(最大加速度4G超え)でセンサーの実験をするのだとか。
なんと、センサーとかの試験を某遊園地のジェットコースターでやろうなんて話も出てたりする今日このごろ、確かに4G以上も出る環境はなかなか安くは無いような。色々な面白い発想が出てくるのが民間宇宙開発の面白い所です。
フェイスブックにはアップしているけど、ボランティアの人が作ってくれたGoogle Earthと連携している地上局アプリは、ロケットの姿勢や位置をリアルタイムに綺麗な画面でモニタリングが可能ですごい!
高齢化に伴い、日本では葬儀ビジネスが成長産業として注目を浴びている。中でも注目されているのが格安の「宇宙葬」サービスだ。一体いくらで「宇宙葬」が可能なのか?
イプシロン打ち上げに湧く日本の宇宙開発だが、宇宙技術のコモディティ化が進み、現在の家電業界のように「消耗戦」の構図となる可能性があるという。現在の宇宙開発ビジネスは、世界ではどのような状況になっているのか。