ukuraina-donetsuku

混迷深まるウクライナ情勢。東部の親ロシア派による独立運動を指揮しているロシアのスパイとされる男には、3つの名前がある。
ウクライナ暫定政権は、親ロシア派の武装勢力が占拠を続ける東部ドネツク州スラビャンスクの奪還を目指し、大規模な軍事作戦を開始した。ロシアは平和解決のための「最後の望み」が絶たれたとしており、今後、大規模衝突に発展する懸念がある。
ウクライナ東部のドネツクで1日、親ロシア派勢力が検察庁の建物を占拠した。親ロシア派がすでに実権を握っている同市で治安が一段と悪化していることで、ウクライナ東部の不安定性が浮き彫りになった。
ウクライナ東部ドネツク州スラビャンスク近郊で20日未明に銃撃戦が発生、少なくとも3人が死亡した。欧米とロシア、ウクライナは17日の4者協議で事態鎮静化策に合意したが、実効性は早くも揺らいでいる。
ウクライナ東部の主要都市ドネツクで、政府の建物などを占拠した親ロシア派勢力は7日、「ドネツク人民共和国」の創設を宣言した。