ukuraina-naisen

ウクライナ政府軍と分離独立派による武力衝突が続く同国東部のドンバスで、戦地から戻った兵士らのうち約500人が自殺した、とウクライナ内務省が発表した。
ドネツク近郊のブーレヒレスクの町は、政府と親ロシア派による内戦の激戦地となった。
ミュンヘンの「ホテル・バイリッシャー・ホーフ」では、2月6日から世界各国の外務大臣、国防大臣、安全保障担当者、諜報関係者らが集まる「安全保障会議」が開かれている。
ウクライナ東部のドネツクでは、27日もウクライナ軍と親ロシア派武装勢力との戦闘が続いている。親ロシア派は50人以上が死亡したとしている。