ukurainajosei

ヨーロッパ・中央アジア地域(ECA)は、原油安とロシアの景気減速が域内の多くの国に重圧となる一方で、ユーロ圏は、低い原油価格に加え、緩やかな景気回復の恩恵を享受している。
ウクライナ政府は9日に公表した5カ年安全保障要綱で、 ロシアの行動を「侵略」行為として非難すると同時に、NATOへの加盟を視野に入れていることを明らかにした。
ケリー米国務長官は21日、英国のハモンド外相と会談し、停戦合意発効後も東部で戦闘が続くウクライナについて、米欧がロシアに追加制裁を課すことについて協議に入っていると明らかにした。
ウクライナ東部ドネツク州の要衝デバリツェボでは17日も停戦合意が守られず、戦闘が激化した。親ロシア派は同地域をほぼ掌握し、数千人のウクライナ政府軍兵士を包囲。投降するよう要求している。
ウクライナ東部のデバリツェボでは、停戦発効後も政府軍と親ロシア派武装勢力の間で戦闘が続いている。こうした状況を受け、政府も重火器を撤去できないと主張しており、停戦合意の履行が早くもあやぶまれている。
ウクライナ軍と新ロシア派勢力の戦闘が続く、東ウクライナ。2月11日に、ウクライナ、ロシア、ドイツ、フランスの4カ国が首脳会談を開くことになっている。激戦地の模様を写真で追った。
[モスクワ 9日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は、東部などで親ロシア派と政府軍の戦闘が続くウクライナ情勢について「袋小路」に陥っている、と警告した。ウクライナ政府に対して、東部での軍事作戦を停止するとともに、親ロシア派支配地域に対して経済的な圧力をかけることを止めるよう要求した。 11日に予定されている独仏露ウクライナ首脳会談の前に、エジプト紙とのインタビューに応じた。プーチン大統領は
ウクライナ東部で続いている砲撃の様子を、車のドライブレコーダーがとらえた映像がネットに投稿され話題となっている。
26日に行われたウクライナの最高会議(議会)選挙は、ポロシェンコ大統領が勝利宣言を行った。 出口調査によると、大統領が率いる親欧州の「ポロシェンコ・ブロック」が23%で得票率トップ、親欧米派の議会が誕生する見通しとなっている。
ロシアのプーチン大統領は31日、ウクライナ南部および東部の「国家としての地位(statehood)」に関する緊急会合の開催を呼びかけた。その後、ロシア大統領報道官は、大統領の発言は親ロシア派の同地域独立の主張にお墨付きを与える意図はないと説明した。
ウクライナのポロシェンコ大統領は28日、親ロシア派を支援するため、ロシア軍部隊がウクライナ領内に進入したとして激しく非難した。
菅義偉官房長官はロシアのプーチン大統領の秋の訪日に関連し、日程については何ら決まってないとしたうえで、種々の要素を総合的に考慮して判断していきたいと語った。
若しドネツクとルハンスクが陥落すると、ロシアはウクライナ本土での足掛かりを失うので、ロシア国内でのプーチンの支持率が急降下することも予想されます。このようにウクライナ情勢は未だ予断を許しません。
ロシアのラブロフ外相と米国のケリー国務長官は27日、電話会談を行い、ウクライナ東部の即時停戦の必要性で一致した。ロシア外務省が声明を発表した。
米国務省のハーフ副報道官はウクライナ東部に、ロシアが国境を越えて砲弾を撃ち込んでいる証拠を入手したことを明らかにした。
ウクライナのヤツェニュク首相が辞意を表明した。 ヤツェニュク首相は議会に対し「連立政権の崩壊、および政府のイニシアティブが阻止されたことを受け、辞任を発表する」とした。 ウクライナ議会ではこれに先立ち、エネルギー関連法案と軍への支出拡大法案が否決された。 また、同日、連立政権から2党が離脱し、連立与党が崩壊。ポロシェンコ大統領は、総選挙実施に向けた道
ウクライナ軍の戦闘機2機が撃ち落とされた。当初、ウクライナ軍は親ロシア派による攻撃と報じていたが、ロシア領土からの攻撃との見解に修正した。
米財務省は16日、ウクライナ問題をめぐる対ロシア制裁措置を拡大し、国営石油会社ロスネフチなどの主要企業を対象に加えると発表した