umanomikusu

リー氏は、働く女性の労働環境を改善するためには、「政策だけでは足りない。社会の中にあるバイアスや、古い価値観に固執している企業の改善が必要」と語
女性進出について語る「2015 ACCJウィメン・イン・ビジネス・サミット」が6月29日、東京・赤坂で開かれた。開会式の冒頭、キャロライン・ケネディ駐日米国大使は「私たちの成功を待ち望んでいる新しい若い世代の男女がいます。もう後戻りはできません」とさらなる取り組みを訴えた。登壇した安倍首相もマタハラについて触れ、その根絶を約束した。
今国会の主な法案で、成立見込みの法案、事実上成立を断念する法案は何か。
女性の社会進出を積極的に推進するのは、本来、まずは政治の世界であり、それも、現在のような話題稼ぎではなく、定着が確実な制度の導入であるべきとする筆者の考えは、荒唐無稽か、それとも読者諸兄の賛同をいただけるであろうか。
かつてのキャリア女性の先輩たちはみな「産むこと」を後回しにしてきた。しかし今や「まずは仕事で一人前になってからだろう」という目線では今の女性たちには通用しない。
さてさて、空前の(?)創業支援に予算を投下する安倍内閣ですが、ななんと、女性向けに増額される創業補助金がドドーンと創設される見込みの様です。
歴史は繰り返される傾向がある。今から女性を社会にもっと出して働かせていれば、「緊急事態」で一定の年齢男性に赤紙が届いた時、それまで男性がやっていた仕事も継続していけるというわけだ。
菅義偉官房長官は7月14日の記者会見で、官公庁や民間企業に、女性登用の行動計画策定を求める法案を2014年度中に国会に提出する方針を明らかにした。
安倍首相が2008年に破綻した「リーマン・ブラザーズ」について、名前が違っていたら会社は続いていたかもしれないとの認識を示した。
菅義偉官房長官は11月29日、中央省庁の2015年度の国家公務員採用について、全体、総合職ともに女性の割合を30%以上に引き上げる方針を決めた。「女性の活用」を成長戦略に掲げる安倍政権の姿勢を明確にし、民間にも積極的な女性の採用や登用を促すのが狙いだという。