umemuramizuho

「検察庁法賛成なら次の選挙で対立候補にいれますよ」というメールが増えたことを紹介し、「不幸の手紙」などと表現した。