uran

陸上自衛隊が調査した結果、放射線は検知されなかったということです。
日本原子力研究開発機構の大洗研究開発センターで、ウランやプルトニウムが保管された容器を点検していた作業員5人が放射性物質に汚染される事故があった。
海水ウランが活用できるようになれば、日本のエネルギー自給率は飛躍的に向上し、日本のエネルギー安全保障の水準も相当上昇する。
事故とトラブル続きで実際に稼働したのは4カ月。年間200億円の維持費を食い続ける「金食い虫」として、大きな批判にさらされてきた。
猛毒元素ポロニウムの発見は、誕生したばかりの放射化学という分野に初の論争を巻き起こす。
宇宙の元素形成の研究で新しい成果が生まれた。地球上に存在する金や銀、ウランなど鉄より重い元素が中性子星の合体によってつくられた可能性が高いことを、理化学研究所理論科学連携研究推進グループの和南城伸也(わなじょう しんや)研究員と京都大学基礎物理学研究所の関口雄一郎特任助教らがスーパーコンピューターの数値シミュレーションで突き止めた。
日本の原発が停止したことで、アメリカの濃縮ウラン企業・ユーゼックが経営破綻した。
日本がベトナムと結んだ原子力協定には、ベトナムの使用済み核燃料を日本が引き取ると書いてあるというまことしやかなデマが一部で流布されているようだ。
この日本原燃の濃縮施設は、現在、国内で稼働している唯一のものであり、その能力は(極秘)SWU。回転速度マッハ(極秘)、高さおよそ(極秘)mの濃縮装置が(極秘)ユニット稼働している。ここだけは同行したメディアはすべて立ち入りを認められず。