アメリカ

ハフィントンポスト各国版11月21日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。本日は、フランス版からお伝えします。11月15日と18日、メディアや金融機関に散弾銃を持って襲撃したとみられる容疑者が20日夜、逮捕されました。
ハフィントンポスト各国版11月20日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。10月1日の運用開始からトラブル続きのオンライン保険加入サイト「HealthCare.gov」。オバマケア(医療保険改革法)、そしてオバマ大統領への支持を急落させたシステムのトラブルによって、政権運営の致命傷となりかねないダメージを負っています。
ハフィントンポスト各国版11月19日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。パリ市内で報道機関や銀行を襲撃する発砲事件が発生、犯人の男は依然逃走中で、パリ警察が緊急配備を敷いて男の行方を追っています。
ハフィントンポスト各国版11月15日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。オバマケア(医療保険改革法)が混迷を極める中、オバマ大統領が緊急の記者会見を行い、運用の修正を行うことを表明しました。
ハフィントンポスト各国版11月14日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。スペイン版では、2002年に発生したスペイン史上最悪の原油流出事故に対する国の行政責任を問う裁判の判決が下されたことを伝えています。
米国の雇用統計が予想外に良好な数字だったことに関係者が驚いている。米労働省は10月8日、10月の雇用統計を発表した。主要な指標である非農業部門雇用者数(季節調整済み)は前月比で20万4000人増加した。
ハフィントンポスト各国版11月11日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。ハフィントンポスト・イタリア版では、脱税の罪で、議員資格剥奪を審議されているベルルスコーニ元首相の独占インタビューを掲載しています。インタビューの中でベルルスコーニ氏は、自身の議員資格剥奪を採択することは「法の支配」に反しているとともに、人権の侵害であると主張しています。
米国では「合法的な大麻」の市場が急拡大しており、そのペースは世界のスマートフォン市場の成長速度を上回る勢いであることが、米ハフィントン・ポストが独自に入手した新しいレポートによって明らかになった。
ハフィントンポスト各国版11月6日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。イギリスでは、戦没兵士を追悼する意を表す「ポピー」をめぐって、イスラム教徒のコミュニティで議論が巻き起こっています。
ヒスパニック系など有色人種はマイノリティと書いたが、その状況は刻々と変わりつつある。すでに人口の約半数がヒスパニック系、黒人、アジア系といった有色人種であり、これらをすべて足し合わせるともはやマイノリティとはいえなくなっている。