アメリカ

ボストン・レッドソックス(ア・リーグ)とセントルイス・カージナルス(ナ・リーグ)が対戦したアメリカ・メジャーリーグ(MLB)のワールドシリーズ(7回戦)第6戦が10月30日、レッドソックスの本拠地ボストンのフェンウェイパークで行われ、レッドソックスが6年ぶり8度目の優勝を果たした。ハフィントンポストUS版が伝えた。レッドソックスが本拠地でワールドシリーズ制覇を果たしたのは、1918年以来95年ぶりとなった。
ハフィントンポスト各国版10月30日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。イギリス王室のチャールズ皇太子は、中東の企業経営者たちとの会合でスピーチし、「シリアの内戦は干ばつなどの気候変動が原因だ」という持論を展開。これに対して「飛躍した論理だ」などの声が上がっています。
日本の集団的自衛権の行使容認に関し、韓国政府が、朝鮮半島の有事など「半島や韓国の主権が関わる問題では韓国の同意が必要だ」とする見解を米政府に伝えた。韓国政府高官が明らかにした。
ハフィントンポスト各国版10月26日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。フランス版とマグレブ(アフリカ北西部)版では、サウジアラビアで10月26日、女性たちが自動車運転する権利を求めて一斉に運転するキャンペーンを行ったことを伝えています。保守的なイスラム教国サウジアラビアは、世界で唯一、女性の自動車運転を認めていません。呼びかけ人のひとり、マナル・アル・シャリフさんは2011年5月に自身が運転する動画を投稿した罪で9日間投獄されています。
ハフィントンポスト各国版10月22日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。ハフィントン・ポストUS版では、これらの攻防を上院指導者の民主党ハリー・リード院内総務へのインタビューで振り返っています。リード院内総務は、7月に行なわれたオバマ大統領との会談時に、「私たちはイカレた奴らに振り回されるのはもう終わりにしようと合意した。大統領は、『私は(共和党の)交渉に応じない』と言い、私もそのつもりだと答えた」と語りました。
イエメンにおけるテロリスト容疑者を狙った暗殺作戦で米国政府は、国際法に違反して多くの一般市民を殺害している。ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日、米国政府による暗殺作戦(ターゲット・キリング)に関する報告書を公表し、その実態を明らかにした。
米国の自動車メーカーといえばゼネラル・モーターズ、フォード、クライスラーのビッグスリーだが、近年は日本の自動車メーカーのほうが米議会に影響力を持っているようだ。
安倍政権が右寄りの外交方針をすすめていると懸念する、隣国との真っ向からの衝突を避けようと、参拝を見送った、とウォール・ストリート・ジャーナル紙は報じている。
米上院本会議は、次期駐日大使に元大統領の長女、キャロライン・ケネディ氏の起用を可決した。初の女性駐日大使が誕生することになる。11月前半にも日本に着任する予定だという。
10月15日夜、下院共和党が債務上限引き上げと政府機関閉鎖を解除するために独自でまとめた法案の採決を取りやめた後、上院指導者の民主党のハリー・リード院内総務(ネブラスカ州選出)と共和党のミッチ・マコネル院内総務は政府機関閉鎖とデフォルト(債務不履行)回避のための合意交渉を再開するとの声明を出した。