アメリカ

ハフィントンポスト各国版10月11日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。スペイン版では、ノーベル平和賞にこれまでノミネートされた候補者のなかに、ヒトラーやムッソリーニ、スターリンといった意外な人物が含まれていることを伝えています。
ハフィントンポスト各国版の10月10日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。10月10日、ハフィントンポストのドイツ版がオープンしました。9月22日の総選挙で大勝したメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟は現在連立政権の話し合いを進めていますが、最近の調査ではドイツ国民の3割が早くも再選挙を望んでいます。
アメリカでは、政府機関閉鎖と10月17日に迫る債務上限引き上げ期限をめぐって、議会での攻防が続いている。共和党のベイナー下院議長は、6週間の短期間に限定して債務上限を小幅に引き上げる法案を提出する意向を示した。しかし、政府機関閉鎖については取り扱わないという。
ハフィントンポスト各国版の10月8日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。UK(イギリス)版では、密輸の取り締まりを行うイギリス国境局が、輸入禁止品に関する情報メール64万9000件以上を誤って削除していたことが明らかになったと伝えています。
米連邦準備制度理事会は10月8日(米国時間)から、ついに新しい100ドル札の流通を開始する。
ALOHA!Myハワイ(ハワイ歩き方)編集長の明子です。今回は日本とハワイを結ぶ、小さな平和のシンボル「禎子(さだこ)の鶴」を、2013年9月21日(土)、国際平和デーのこの日に行われた「禎子の鶴展示」の除幕式の様子とともにご紹介しましょう。
アメリカでは、デジタル化社会に育った10代から30代前半の若者を「ミレニアル世代」と呼ぶ。アメリカ国内で8000万人いるとされ、社会の多様性や民主主義について進歩的な意見を持つという。しかし、選挙において彼らの投票率は決して高くはない。そんな若者に政治参加を訴え、ムーブメントを起こしているデービッド・バースティーンさんが9月に来日した。
朝日新聞が、防衛指針見直し合意 日米2プラス2 中国の脅威も指摘と伝えている。「2プラス2には、岸田文雄外相、小野寺五典防衛相、米国のケリー国務長官、ヘーゲル国防長官が出席。開催は2年ぶりで、東京で4閣僚がそろったのは初めて」との事である。
アメリカが大変な状態になっている。韓国の在韓米軍基地の再編を行いたくてもお金がなくてできない状態。オバマ大統領の旅費すら出せず、自らが議長が務める予定だったTPPの首脳会合にすら出席が厳しいようだ。どのような状況に陥っているのだろうか。
アメリカ上院は、オバマケアの1年延期と医療機器税の撤廃を盛り込んだ下院の暫定予算案を否決した。