アメリカ

上のグラフでベージュ色で示されている部分は、米国の歳入全体に占める法人税の割合だ。徐々に小さくなっていることがわかるだろう。一方、このベージュ色を飲み込む勢いで拡大しているのはオリーブグリーン色に塗られた部分だ。これは、歳入全体に占める給与税(payroll taxes:給与を計算基礎にした連邦税で,社会保障のために用いられる)の割合だ。
旧日本軍の慰安婦などをめぐる橋下徹大阪市長の発言に対し、世界の有力者からも非難の声があがっている…
アメリカの映画監督、オリバー・ストーンさんが8月、広島と長崎で開催される原水爆禁止世界大会に参加する予定であることが、関係者への取材で分かった...
ストレスから解放されたいという人は、有酸素運動を取り入れるか、メディテーションを試してみるか、あるいはハワイに移り住んでみよう。
休暇をとることは、睡眠の質を向上させ、精神的健康の改善や、年間を通した生産性アップ、心疾患のリスク低減、家族関係の緊密化といった面で有効であることが知られている。4月の「ストレス啓発月間」(Stress Awareness Month)は、休暇の計画をたてるのにちょうどいいきっかけになるだろう。
アメリカは、日本は今後の世界成長を牽引するアジアで中心的な役割を果たせるかどうか、アジアの政治対立、軍拡競争を加速してしまわないかと考えている。この問題で波風を立てて欲しくない、というところが大きい。また、人権を重視するリベラルにとっては、河野談話の見直しはレッドカードになりかねない雰囲気になっている。