vision2020

常識だと思っていたことが、実はとんだ勘違いだった……。誰しもそんなケースの1つや2つ、身に覚えがあるのではないだろうか。漢字の読み間違いや、フォークの背を使うなんてことなら、笑って済ませられるし罪はない。しかし世の中には、人を死に追い込むこともあり得る勘違いが存在する。そのひとつが、チャイルドシートにまつわる誤った知識だ。
Presented by VISION2020
警察庁のまとめによると、2013年の日本国内の交通事故死亡者数は4,373人。その数は13年連続で減少しており、1年間の死亡者数が1万人を超え、「交通戦争」と揶揄された高度成長期(ピークは1970年の16,765人)と比べると、1/3以下の数字となっている。
Presented by VISION2020
“未来の自動車”という言葉を聞いた時、まっさきに思い浮かぶのが自動運転ではないだろうか。まさか21世紀に入ってから十余年たって、いまだに自らの手でクルマを運転しているなんて、SF映画に親しんでいた子どもの頃の自分が知ったらきっとショックを受けるに違いない。
Presented by VISION2020
「自動車vs.自転車」。これから先、ますます深まっていくであろうこの二者の関係をどう捉えていくべきかを考えるべく開催された鼎談の第2回目。疋田智(自転車ツーキニスト)、眞鍋かをり(女優)、そしてハフィントンポスト編集長の松浦茂樹により、啓蒙の重要性が語られていく。
Presented by VISION2020
ここ数年、全交通事故の約2割に自転車が絡んでおり、また、自転車事故者の約6割が、何らかの法令違反を犯しているという報告がある。「自動車vs.自転車」。これから先、ますます深まっていくであろうこの二者の関係をどう捉えていくべきかを考えるべく、ヘビーな自転車ユーザー代表として疋田智(自転車ツーキニスト)、ライトな自転車ユーザー代表として眞鍋かをり(女優)、そしてドライバー代表としてハフィントンポスト編集長の松浦茂樹による鼎談が開かれた。
Presented by VISION2020
オートブレーキとは、「プリクラッシュ・セーフティシステム」と呼ばれるテクノロジーの一環。レーザーセンサーや車載カメラによって前方の障害物を検知することで、追突の危険性をドライバーに通知することを第一の目標とし、それでもなお車体が停止しない場合は、自動的にエンジン出力を抑えブレーキをかけるシステムである。
Presented by VISION2020
ジェームス・ディーンが愛車ポルシェ550スパイダーでカリフォルニア州のルート466を走行中、事故死したのは有名な話だ。ディーンは事故当日にスピード違反で切符を切られており、事故時にはかなり無茶な運転をしていたという話がまことしやかに伝わっている。しかし、後の調査により、スピードは法定速度内だった時速約88kmだったことが判明している。
アメリカの都市部における交通機関の混雑解消については、自動車の代わりに自転車、自家用車の代わりに公共交通機関を利用するといった二者択一の議論に陥りがちだが、オースティンはいずれかの手段ではなく、"すべて"を選択したところが非常に革新的だといえるだろう。
今年の6月、道路交通法改正で注目された点のひとつが、自転車の悪質運転への罰則が強化されたことだ。
Presented by VISION2020
公益財団法人の交通事故総合分析センターによる「自動車と自転車との事故についての調査」では、車両進行中の追突事故の致死率は4.7%。出合い頭の事故の0.47%と比較しても約10倍と圧倒的に高く、さらに四輪運転者の事故の要因のうち、「ドライバーの不注意」が約80%と、大部分を占めている。
VISION2020