vw

新型エンジンの発表は、ポルシェがこれまでよりさらに、VWグループの一員として統合化されていく新たな段階に入ったことを意味する。
三菱自動車は20日、自動車の燃費性能試験で不正行為があったと明らかにした。
CBGDF(中国の生物多様性保護と緑化に関する基金)という団体が、VWの排出ガス不正ソフトウェアに対して訴訟を起こした。
VWの不正が発覚してから、他の自動車メーカーによるこのようなソフトウェアの使用は見つかっていない。
フォルクスワーゲン(VW)の排出ガス不正問題で立腹するオーナーたちに、補償金が払われるようだ。
自動車業界では「メイド・イン・○○国」が与えるブランド・イメージは、製品の質に必ずしも直結するものではなくなっており、確かに物議を醸している。
研究チームはVWの不正問題によって引き起こされた大気汚染が、米国内だけで59人の寿命を縮める直接的な原因になった可能性があると結論づけた。
来年VWが公表する「2025年成長戦略」では、さらに詳しい指針が発表されるだろう。
新CEO、マティアス·ミラー氏は、クレディ・スイスの試算は「あり得ない」とすぐに反論した。
今回の数字に排出ガス不正問題が大きく影響しているとは言えず、実際には中国市場における需要が下がったことの方がこの結果に大きく関係している。