wakamononohiseikikoyokakudai

ビッグイシュー基金では、「住宅政策の再構築が日本の貧困問題解決の切り札ではないか」と考え、2013年から「住宅政策提案・検討委員会」を開催、さまざまな政策を「住宅政策提案書」をまとめた。それによると、ネットカフェや漫画喫茶、カプセルホテルなどに寝泊まりする「広義のホームレス状態」の経験を持つ人は6.6%にのぼった。
私は先週の本欄に、「セクハラやじ」発言に対する東京都議会の『各会派は品位を持って臨むべき』というコメントを聞いて、大変驚いたと書いた。理由は、これは品位の問題ではなく、「人権侵害」で、「人権意識の欠如」の問題だと考えたからだ。