wakamononoseijisanka

いろんな立場の方からお話を聞いて感じたのは、立場によって「若者と政治」に対する見解が異なることだ。
なぜ若者の政治参加が必要か。その理由は様々なところで語られていますが、端的に言えば...
社会学者は若者の政治参加の現状、特に被選挙権年齢・供託金に関してどう思っているのか。
都市の根幹を担う様々なものが、市民の参加の上で実現していることは注目すべき点ではないでしょうか。
みなさんはY7という若者会議をご存知でしょうか?
2人の学生に対しては「18歳は選挙に行くな!」「候補者選びは新しくスマートフォンを買う気持ちで」と一風変わったアドバイスも。果たして、その真意とは。
進路について悩んだ学生時代を振り返り、女性国会議員として将来の結婚や子育てといった悩みを語りながら「皆さんも社会の動きに関心を持って」と熱く語った。
選挙権年齢の引き下げは、若者の政治関心を呼び起こすでしょうか。
「選挙権が与えられます!行ってください!」と、20歳になったらロクに教わっていないのにいきなり目の前に政治や選挙があらわれます。
「熱狂」が怖い。たとえそれが、市民の切実な訴えにもとづく反権力のデモであっても、直感的な恐怖を感じてしまう。