wakasamasaru

「小池氏独裁のための規約」が作られた経過とは。
「いじめる側」と「いじめられる側」、どう映るかで雲泥の差…。
候補者は「今後、233人を超える数になるのではないか」
「希望の党」の設立を表明。「改革、保守、これらを満たす人々で新しい勢力を作り、都政にとってもプラス」になると説明した。
小池百合子氏との関係については「(政治塾の)第1回に来ていただけることから推察していただければ」と述べた。
平井文夫キャスターが若狭勝氏など小池都知事に近い国会議員を「4人衆」と表現。「5人いれば新党つくれる」などと解説した。
「『執行猶予だから罪を認めろ』という働きかけ」の話に関連して思い出すのは、過去に特捜部が起訴した事件の公判対策で常套手段としてきたやり方だ。