wakuchin

今回は、二児の母であり小児科医でもある谷口留美先生に、ご自身のお子さんは何種類の予防接種を受けたのかを伺ってきました。
今回の記事では、さまざまな種類のある個々の接種というよりも、予防接種全体の意義、また法的な規則に関することも含めてまとめたいと思います。
予防接種は伝染病を防ぐためのものですが、「効果がない」「副作用が危険」といった意見も耳にします。受けたほうがよいのでしょうか、受けないほうがよいのでしょうか。
シドニーから3大会連続で五輪に出場した元陸上選手と、一緒に考え、議論を深めます。議論は週刊誌AERAの連載で紹介します。
リンゴ病は「伝染性紅斑」という疾患の別称で、パルボウイルスB19が原因とされています。小児期が中心の疾病ですが、成人でも罹患することがあるそうです。
メリットとデメリットを比較して、メリットのほうが大きければワクチンには価値がある。
西アフリカで流行して1万人以上の死者を出しているエボラウイルスの新しいワクチンを、東京大学医科学研究所の河岡義裕(かわおか よしひろ)教授らが開発し、サルで感染予防効果を確認した。
反ワクチン派の6つの見当違いの主張と、その真実を見ていこう。
インフルエンザシーズンを控え、インフルエンザワクチンの接種に係るニュースや情報が増えてきました。
10月から水ぼうそう(水痘)が予防接種法による定期接種A類となりました。