wakuseikagaku

スプートニク平原は冥王星の明瞭な深い氷の盆地であり、その現在の位置は、この準惑星の潮汐軸の経度に近い。
67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の粒子のうちKennethとJulietteと名付けられた2つについてさらに行われた化学分析結果が、今回示されている。
67Pの塵粒子は、より小さな細長い粒子の集合体であり、異なるサイズの粒子の構造は、階層的な集合を示していることが明らかになった。
H Levisonたちは、小石が十分にゆっくりと形成されるなら、微惑星間の重力相互作用によって1~4個のガス惑星が生まれ、観測される太陽系の構造と一致することを示した。
拡散星間バンドは、赤化した星の方を見た時に観測される吸収線で、今では数百の拡散星間バンドが知られているが、それらを生じることが分かっている分子は1つもない。
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星上のピット(彗星核表面で見られるくぼみ)は活動中であり、おそらく陥没穴崩壊と同様の過程で作られていることが分かった。