wamama

NPO法人『Arrow Arrow』代表理事の堀江由香里さんが、両立支援についてどのような思いを持ちながら働いてきて、団体を立ち上げたのかなどを伺いました。
「くるみんマーク」は、仕事と育児の両立を積極的にサポートする企業として厚生労働大臣の認定を受けた証。じゃあ、「プラチナくるみんマーク」って何?
PRESENTED BY エン・ジャパン
「女性活躍推進法」は、はたして本当の意味で女性が活躍できる社会を作り出すことにつながるのだろうか。
子育て中のワーキングママに、出産後の仕事に対する意識調査を行ったところ見えてきたこと。
PRESENTED BY エン・ジャパン
ワーキングマザーが抱える悩みや不満は?また、ワーママに対して周囲が感じていることは?双方の意識調査を行った結果、見えてきたこと。
PRESENTED BY エン・ジャパン
あなたは、夜更けに、生まれたばかりの小さな子供を数時間後に預けなければならないと思うと、文字通り具合が悪くなったり、涙が頬をつたって眠れなかったことはありますか。
女性が育休中にMBAの勉強をすることがちょっとしたブームになっているのだとか。私がMBAを取得した頃は、25人ほどのクラスに女性は1割ほど、5人もいればちょっとした話題になったことを思い返すと、隔世の感があります。
ワーキングマザーという言葉が生活の中や、こうしてブログ記事の中に普通に登場し、その後ろ側にある問題を即座にイメージするようになったのは、ごくごく最近のようだ。
エン・ジャパンが出産後、復帰することは今こそ当たり前の風土になりつつある。ただ昔はそうかというと違ったと思います。先輩社員が乗り越えてきたから今こうして女性が働きやすい会社の仕組みや風土ができつつあるのです。
PRESENTED BY エン・ジャパン
「育休6年」など様々な人事制度改革を通じて「ワークスタイル変革」に挑戦するサイボウズは、より多くの方々に「新しい働き方」を考えてもらうきっかけをつくりたいと、働くママのリアルを描くストーリーを描くことにチャレンジ。
待機児童問題のジャンヌ・ダルクは、歩みを一歩進めて、砦をつくって仲間を集めようとしている。彼女がやろうとしていることはつまり、コミュニティの形成と言えるだろう。
「子どもを預けて仕事をすることが、子どもにどう影響するのか?」は、育児も仕事も頑張りたい人にとって気になるところではないでしょうか?