wamama

待機児童問題のジャンヌ・ダルクは、歩みを一歩進めて、砦をつくって仲間を集めようとしている。彼女がやろうとしていることはつまり、コミュニティの形成と言えるだろう。
「子どもを預けて仕事をすることが、子どもにどう影響するのか?」は、育児も仕事も頑張りたい人にとって気になるところではないでしょうか?