wamama

インタビュー中、「大変なんです」という言葉は一言もなく、思ったらすぐに動いていける「軽さ」を感じたんです。
ママからワーママへの変身を遂げるコスメをご紹介。
働きながらPTA本部役員を経験から、リアルなアドバイスと失敗せず本部役員になる方法を伝授します。
在宅ワークで働く8人のワーママに、理想と現実、上手に活用するコツについて聞きました。
「ふたごじてんしゃ」ができて、必要とする人が乗れるようになればハッピー、ではないんですよね。
働くママ&パパは、専業ママたちに比べ小学校で起きていることやローカルな情報が得にくいなあと思うことがあります。
復職・転職・第2子出産を経て中野さん自身が経験したリアルなジレンマを含め、トークセッションの様子をレポートします。
時短勤務が終わると同時にワークスタイルあるいはライフスタイルを変えたママたちを紹介します。
ブランクがあることによって自信を失ってしまっている方が多くいることもまた事実です。
「お互いにそう思ってるはず」という思い込みはけっこうあるのではないでしょうか。
「私は時間的には手がかけられなかったんです。だけど気持はいっぱいあった」
朝のバタバタから始まり、仕事、お迎え、帰宅後から寝かし付けまで、自分の時間なんてほとんどない方も多いのではないでしょうか。
両親が関西弁、でも子どもたちは標準語。ふとした時の寂しい気持ち。そんなジレンマを少しだけ緩和させてくれた出来事がありました。
学んだことの一つは、「今までと同じように時間をかけて働くという概念は捨てること」。
今できることを手探りで模索していたら、結果オーライ、復職につながったケースも多いようで。
成長のステージが変わるときこそ、親はより注意深く子どもを見守る必要があるのだと思います。
どんな情報でもそのまま信じる前に裏を取りましょう。裏を取るには…
「働きたい...... でも、子供との時間も確保したい......」といろんな思いがありました。
朝のちょっとした楽しみがあれば、布団から出て身支度するのも、素早く動けるんです。
安心して復職を迎えるためにも、保育園やその他の預け先を確保することは先決事項です。