waratteiitomo-shuryo

3月31日に32年の歴史に幕を下ろすフジテレビ系昼の帯番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』(毎週月曜~金曜 正午)に代わって、4月1日にスタートする新番組(タイトル未定、毎週月曜~金曜 前11:55~後1:00)の司会者が正式発表された。
昼からタモリが消え、かつての昼のライバル・みのもんたが消え、こうなると期待したくなるのは「いいとも!」放送終了後に続く、小堺一機の「ごきげんよう」だ。91年に放送開始、この8月に放送5555回を迎えたあの番組にも、独特のヌルさがある、情報の無さがある。
テレビがおしまいだ、オワコンだと言っているのではない。これまでのテレビが終わり、新しいテレビがはじまるんじゃないかと言いたいのだ。ではその新しいテレビとはどんなテレビなのか。それはまだいろんな人の頭の中にそれぞれ、もやもやと存在しているのだろう。
フジテレビ系列で放送されている長寿番組「笑っていいとも!」が来年3月で終了することになった。10月22日の番組内で発表された。タモリのニックネームで知られる森田一義が司会を務め1982年から放送を開始。根強い人気があったが、32年間の歴史に幕を下ろすことになった。