warudokappu-burajiru

ブラジルがドイツに大敗した理由をデータで探る。
6月4日に行われたサッカー・ワールドカップブラジル大会準々決勝のブラジル対コロンビア戦で、ブラジル代表の10番FWのネイマール選手が脊椎を骨折し、今大会の復帰が絶望的となった。
サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の開催都市の一つ、ベロオリゾンテで3日、建設中の高架道路が崩落し、少なくとも1人が死亡、19人が負傷した。 崩落現場は、W杯会場のミネイロンスタジアムから約3キロ離れた場所。発生当時、高架下の道路では車が多数走行しており、事故の影響でバスの一部が押しつぶされ、車1台が下敷きになった。
日本とまったく同じ状況で「一縷の望み」を持って最終戦に臨んだ韓国。退場で1人少なくなったベルギーを相手に攻め込みはしたし、何度か決定機もつかんだが、終盤に失点してあっけなく敗戦。
日韓は宿命のライバルでもあるが、お互いの状況を参考にしながら改善できるところは少なくない。今大会の惨敗という結果を踏まえ、それぞれのいい面、悪い面を今後の代表強化に活かしていくことが、アジアのレベルアップに繋がるのではないだろうか。
サッカー日本代表の次期代表監督に、元メキシコ代表監督のハビエル・アギレ氏が就任すると、スペインのスポーツ紙マルカが報じた。
ワールドカップブラジル大会で、日本代表と同様、勝ち点1で決勝トーナメント進出を逃した韓国代表。ハフィントンポスト韓国版はえり好み人事に明け暮れ、代表強化の長期構想を持てない韓国サッカー協会の体質を指摘している。
現在ブラジルで開催されているサッカーのFIFAワールドカップ大会は、ブラジルにおける激しい貧富の差と、同国政府に対する社会不安の高まりに、世界のスポットライトを当てることにもなった。
サッカーワールドカップのブラジル大会で、日本対コートジボワール戦が開催された6月14日、現地観戦した日本人のサポーターが、試合後に会場のごみ拾いをする写真がTwitterに投稿され、世界の称賛を浴びている。
新プロジェクト「真実のペレ」を映像化するにあたって、彼はハフィントンポストに対し、ワールドカップ、アメリカサッカー界の現状、さらにペレの再来をピッチ上で見ることができるか、などについての意見を述べた。