washoku-mukeibunkaisan

国連教育科学文化機関(ユネスコ)により「和食;日本人の伝統的な食文化」が無形文化遺産に登録されることが決定された。今回の登録により、日本の食文化が国際的にさらに評価され、日本人自身が和食の良さを再確認し、外国でも和食のファンがさらに増えることは喜ばしいことである。
「和食 日本人の伝統的な食文化」のユネスコ無形文化遺産への登録が正式に決まった。国内からは22件目となる。
「食の無形文化遺産っていったい何なんだ(前編)」では「そもそも食の無形文化遺産とはいったい何なのか」ということについて解説しました。そして今回の後編では「無形文化遺産としての和食とはどのようなものなのか」を書いてみようと思います。
「無形文化遺産」というのはいったい何なのか、「世界遺産」とは違うのか、食が遺産として登録されるというのはどういうことなのか...。私たちはいったい何が評価され、これから何を保護していかなくてはいけないのでしょうか。そこで、「食の無形文化遺産とはいったい何なのか」「無形文化遺産としての和食とはどのようなものなのか」について、2回に分けて書いてみようと思います。