watanabekimi

N国党の立花代表はかつて、みんなの党の事務局に立候補を申し出たと語り「国政政党になった以上、単一争点だけではなく政策全般について議論を深めていく必要性を感じている」と渡辺氏との協力体制について言及した。
渡辺喜美氏は2016年の参院選比例区で日本維新の会から当選し、国政に復帰していた。
第三極への期待が高まっていた2012年総選挙の前に提携していたらどうなっていただろうと思わないでもない。
選挙プランを策定する側の立場にいましたけども、ミニマムで見積もってもざっと3億円のお金は必要になる計算でした。何にそんなお金がかかるのでしょうか?
本日朝、維新の党に、私と清水真弁護士との連名による法律意見書を提出した。
昨日の臨時国会で安倍晋三氏が首班指名を受け、先の総選挙において信が問われたアベノミクスが名実ともに継続されることになった。
みんなの党(解党)の渡辺喜美元代表が政治資金規正法違反容疑などで告発されている問題で、東京地検特捜部が19日、渡辺氏から任意で事情を聴いたことが関係者の話でわかった。
第47回衆議院選挙は12月14日に投票が行われ、即日開票された。自民・公明両党が、全体の3分の2の317議席を上回る326議席を獲得。選挙前の324議席を、2議席増やして大勝した。以下に落選した大物候補をスライドショーで紹介する。
11月28日をもって、解党されることが決定した「みんなの党」。自民と民主が政権交代を繰り返す中で、政界の第三勢力として存在感を発揮してきたが雲散霧消することになった。その5年間の短い生涯を写真で振り返ってみると、前代表の渡辺喜美氏の顔ばかりが浮かび上がってくる。
みんなの党は、11月19日に開いた両院議員総会で解党を決定した。党の路線をめぐって、議員同士の意見の隔たりが大きく12月に行われる衆院選に向けて共に行動がするのが難しいのが理由だという。