wearaburu

排泄タイミングのお知らせがスマホに表示されるIoTデバイスを提供しようという日本人チームによるスタートアップ、Triple Wは、この4月末にニッセイ・キャピタルやアイスタイルキャピタルから資金調達をしたことをTechCrunch Japanに明らかにした。
富士通は、手には何も持たずに、空中で文字を描くように動かすだけで、文字や数字を入力したり、表示された情報を選択したりできる画期的な「指輪型ウェアラブルデバイス」を開発しました。
PRESENTED BY FUJITSU JOURNAL
「過労」が居眠り運転など悲惨な大事故を引き起こす原因になっている。富士通は、ドライバーの脈波から眠気の傾向を検知し、安全運転を支援するウェアラブルセンサー「FEELythm(フィーリズム)」を開発した。
PRESENTED BY FUJITSU JOURNAL
食品大手のカゴメ(名古屋市)が2月19日、アートユニットの明和電機とタッグを組み、“ウェアラブルトマト”を開発した。
Nymiは、人それぞれに固有だという「心臓の鼓動」を使うことで、生体認証してくれる画期的なウェアラブルです。
GoogleはGoogle Glassの実験を終えようとしている。本日(米国時間1/19)をもってGoogleはこの新奇なデバイスの販売を中止する ― 少なくとも現在のモデルは。
『今こそ読みたいマクルーハン』を読みました。大学生時代にメディアや情報関連の授業で一通り習った記憶があるのですが、すっぽり抜けているので復習。
「家族のためになるものを作りたい」という思いを起点に始まったMoffのプロジェクト。ユーザーが「本当に欲しい」プロダクトを作るために用いるのは、リーンスタートアップの手法です。「ユーザーの声が全て」というゆるぎない方針のもと、Moffのチームが具現化する次世代のプロダクト作りとは。
"Cicret Bracelet"は腕につけるブレスレット型のガジェットで、自分の腕をスマートフォンの"第二のディスプレイ"として使えるようにします。
ドコモの2014-2015冬春モデル発表会では、子ども向け腕時計型端末 「ドコッチ01」 が発表されました。