wikipedia

AIを使うことでフェイクニュースが高度化し、ますます判別しづらくなる可能性も高い。
Wikipediaのコンテンツはボランティアが書いているが、ときには、それが仇(あだ)となることがある。
よく読んだり聞いたりした話は、ことを成すために必要なのはお金やアイディアではなく、「世界をよくしたいという強烈な志であって、それさえあれば、ほかのものはついてくる」という話で、ほんとうかなあと懐疑的に思っていた。
膨大にあるWikipediaの中から、「五・七・五・七・七」、短歌のリズムになったフレーズを抜き出してツイートするTwitterBOTが登場した。偶然にしては美しすぎる、そのまま短歌として通用しそうな「作品」たち。
以前、ある大学教授先生のレクチャーを聴く機会がありました。聴くこと全てが新鮮で大変勉強になったのですが、そのレクチャーの中で、教授先生が少し脱線して「最近の学生はレポートの参考文献にWikipediaなんかを引いてきて大変嘆かわしい。
どの国でも著作権法を読むのは退屈だ。ただし、サルが著作権者なのかという議論が出てくると、がぜん面白くなる。
鳴り物入りのニュースベンチャー立ち上げが相次ぐ米国で、元ワシントン・ポストの人気ブロガーが率いる注目株の新サイト「ヴォックス(Vox.com)」が公開された。
教養を身につけるには、相応の本を読むのがいちばんだ。が、いまの私たちは膨大な文献を読めるほどヒマではない。そこで威力を発揮するのがWikipediaだ。今回は「現代」を理解するために読んでおくべきWikipediaの記事をピックアップしてみた。