worugai

ウォール街向けの講演で話した内容と、大統領選の公約は全く異なっている。
「私たちは中間層から遠く離れた存在になった」
ヨーロッパ連合(EU)で認められた、いわゆる「忘れられる権利」の実行は、すでに報道機関に対して憂慮すべき影響を及ぼしている。7月2日には、少なくとも2社の報道機関が、自社の記事へのリンクがGoogleによって消されたことを明らかにした。
マイケル・ルイスの新作『フラッシュ・ボーイズ』は、強欲と不正がつきものだったウォール街の今後に、ほのかな期待を抱かせてくれる。
フルタイムで働くアメリカ人のうち、2013年の所得が、アメリカ政府の定める最低賃金の水準だった人たち全員の収入を合計してみよう。次にその金額を2倍する。これでやっと、ウォール街の投資銀行家たちが得たボーナスの合計額の水準に達することになる。
なんと、実在した証券ブローカー:ジョーダン・ベルフォートの回想録(『ウォール街狂乱日記 - 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』)の映画化。筆者も本作の舞台となった時期にウォール街には一時勤務した。『ウォール街』(87年)、『マネー・ゲーム』(2000年)などなど、この時期のウォール街を舞台とした、同様の証券系のテーマを描いた映画は多い。
英国のサイト「eFinancialCareers」に掲載された記事によると、投資銀行家(バンカー)の中には、年収100万英ポンド(約160万ドル、1億6000万円)でも足りないと述べる人たちがおり、それにはもっともな理由があるという。