wwfjapan

日本での違法な象牙取引。WWFジャパンが調査しました。
ヤフオクでは9788個の象牙製品が取引され、推定取引額は4520万円にのぼることが判明した。
WWFジャパンは森林セミナー「持続可能な天然ゴムの生産と調達」を開催しました。
地域のより良い自然エネルギーの普及を図る観点から、今後各地で進むゾーニングに示唆を与える取り組みです。
違法、無報告、無規制に行われる「IUU漁業」が、世界の各地で海の自然環境を破壊し、水産資源を脅かす、大きな国際問題となっています。
新しいエネルギー社会の実現に向けた「100%自然エネルギーシナリオ」。その実現可能性について今、議論がなされ始めています。
2015年1月、スマトラ島のある村に小水力発電機が設置されるプロジェクトが発足しました。2年を経て、もたらされた結果を報告します。
WWFとトラフィックでは、飼育繁殖された個体が、海や森、そもそもの自然環境を、保全する取り組みを続けてゆきます。