yadowa

そうなのだ。「サメ」というのは、夏の風物詩というか、「ゴジラ」のような「ブランド」なのである。
宇宙から侵略される地球を描いた、いままでの5倍のスケールを持つSF映画。主人公の美少女から大人へと成長した19歳のクロエ・グレース・モレッツが光っている。
宿輪純一ゼミでは、最近の経済・金融情勢をその理論や裏側まで丁寧に解析し、解説しています。
誰もが知っている正義のヒーロー:スーパーマンとバットマンが、死力を尽くして戦うというというアクション大作。一番の見所は、何といっても二人の死闘である。
日本では移民に対する"抵抗感"が強い。それは様々な外国人に犯罪が多いということが一因である。
原題の"RICKI AND THE FLASH"は主人公リンダが所属するバーのハウスバンド、本作もいきなり演奏からスタートする。
今年の第88回アカデミー賞脚色賞を受賞した作品。サブプライム・ローンのリスクを察知した4人のマイナー金融トレーダーが、ウォール街を出し抜こうとする奮闘と勝利を描く社会派ドラマ。
彼の社員や家族の人といった周りの人との激しい対立・喧嘩はすさまじく、見ている方が痛い。
舞台はニューヨーク。バリバリの女性CEOの主人公が、40歳以上も年上のシニアインターンに助けられて、徐々に友情(愛情ではない)を育んでいく筋書きだ。
このドローンは、現在、日本で問題になっている個人で飛ばせるドローンではなく、無人戦闘機のことである。ちなみに、日本のドローンは、官邸に不時着した件が問題になったが、各地で違う意味での問題を起こし、最近でも国宝の姫路城に激突させるなど、早期の取締りが必要となっているが。
筆者は52歳であるが、中学・高校の時代はまさにテレビゲームを結構やった。そういった方々には堪らない。80年代のゲームキャラたちがリアルに地球を侵略してくるのである。
ユーロは一歩一歩進めている。そのような欧州の大きな流れの中で、最近のギリシャが自分でも言っていた「ユーロからの離脱騒ぎ」は禁じ手をいうか、失礼千万であった。
この「ミッション・インポッシブル」シリーズは、筆者とほぼ同期である「トム・クルーズ」の映画といっても過言でもない。
映画『トゥモローランド』のテーマは「未来」である。未来は分からない。不安だという方もいるが、だから逆に面白いのではないか。未来が決まっていたらつまらない。努力もしなくなる。進歩もない。これは固定化された経済も一緒である。
「新宿スワン」(原作:和久井健)の映画化。女性たちに水商売などを斡旋する「スカウト」たちの熾烈な抗争と、成り上がろうとする熱き男たちのロマンを描く。このスカウトという仕事は、経済にとって大変大事な仕事である。
南アフリカはとにかく治安は悪い。その治安の悪さが本作品のベースとなっている。
本作品は、2008年に亡くなった赤塚不二夫の生誕80周年記念作品で、「秘密結社 鷹の爪」シリーズのFROGMANが、「天才バカボン」初の長編アニメの映画にした。
(BLACKHAT /2015)システムに対して攻撃する"悪意を持ったハッカー"「ブラックハット」がその題材である。ネットワークに不法侵入されたことで香港の原子炉が破壊される。
「難民」は世界的な大きな政治問題となっている。この映画の様に紛争・ 災害によって本来の居住地を離れざるを得なくなった人々で大変な苦難を経てきている。
本作は、楽しめる要素が盛り沢山で、観終わった後の爽快感が最高で、心もお腹も満たされる映画、といいたいが、逆にお腹は減った(笑)。