yadowa

そうなのだ。「サメ」というのは、夏の風物詩というか、「ゴジラ」のような「ブランド」なのである。
宇宙から侵略される地球を描いた、いままでの5倍のスケールを持つSF映画。主人公の美少女から大人へと成長した19歳のクロエ・グレース・モレッツが光っている。
宿輪純一ゼミでは、最近の経済・金融情勢をその理論や裏側まで丁寧に解析し、解説しています。
誰もが知っている正義のヒーロー:スーパーマンとバットマンが、死力を尽くして戦うというというアクション大作。一番の見所は、何といっても二人の死闘である。
日本では移民に対する"抵抗感"が強い。それは様々な外国人に犯罪が多いということが一因である。
原題の"RICKI AND THE FLASH"は主人公リンダが所属するバーのハウスバンド、本作もいきなり演奏からスタートする。
今年の第88回アカデミー賞脚色賞を受賞した作品。サブプライム・ローンのリスクを察知した4人のマイナー金融トレーダーが、ウォール街を出し抜こうとする奮闘と勝利を描く社会派ドラマ。
彼の社員や家族の人といった周りの人との激しい対立・喧嘩はすさまじく、見ている方が痛い。
舞台はニューヨーク。バリバリの女性CEOの主人公が、40歳以上も年上のシニアインターンに助けられて、徐々に友情(愛情ではない)を育んでいく筋書きだ。
このドローンは、現在、日本で問題になっている個人で飛ばせるドローンではなく、無人戦闘機のことである。ちなみに、日本のドローンは、官邸に不時着した件が問題になったが、各地で違う意味での問題を起こし、最近でも国宝の姫路城に激突させるなど、早期の取締りが必要となっているが。