yafuoku

夕方以降のニュース番組で、東京駅の大混乱が報じられていた。しかもトップニュース。マスコミ各社は「東京駅開業100周年」を盛大に祝うはずがトラブルを報じるハメとなった。
15日間で150万円の支援が欲しいという無茶なお願いに対し、多くの方のご協力のおかげで164万4千円もの支援をいただきました。閉鎖やむなしと諦めかけていた民間図書館を救った、クラウドファンディング「READYFOR?」での取組みについてお話させて頂けたらと思います。
どのようにYahoo!ショッピングやヤフオクのサイトを変えるイノベーションを起こしてくるのか、はたまた出店者数や取り扱い商品数を増やすだけなのかを見ないと、どのような競争状況が生まれてくるのかはまだ外からはわからないことです。
ヤフーが新EC戦略を発表した。これまでは有料となっていたYahoo!ショッピング、ヤフオク!のストア出店料を無料化する事で、事業者、ユーザー共に、この2つのサービスの利用はほぼ全て無料となったという事であろう。この新戦略がEC業界に激震を引き起こす事になるのは確実な情勢である。
緒戦は、ヤフーの収益が落ちることが嫌われ、また楽天の顧客離れを懸念し、いずれも株価を下げました。これは買いの好機が来たということでしょうが、どちらが買いなのでしょう。この挑戦を楽天がどう受け、どのような反撃を行ってくるのかが楽しみになってきました。
ヤフーは10月7日、ECモール「ヤフーショッピング」の出店料とロイヤルティを無料にすると発表した。店舗から出店料や手数料を徴収するビジネスモデルから、店舗オーナーがECサイトを運営するのにかかるお金を無料にすることで店舗と来客者を増やし、広告で収益を上げるビジネスモデルに転換する。また、国内最大規模のオークションサイト「ヤフオク」の利用料や出品料も無料にする。