yakuza

「仁義と愛に溢れているスーパー主夫を皆さんが求めているのでは」(番組プロデューサー)
質の高いドキュメンタリーで最近注目を集める東海テレビが、ヤクザの事務所にカメラを持ち込んだ。
医学部の教授選考で重視されるのは、研究と診療の実績だ。確かに何れも重要だ。ただ、これで教授を選ぶのは危険だ。
日本大学の77歳の名誉教授が、指定暴力団山口組の元幹部から2000万円を借り、まだ返済していないことがわかった。
1980年代の山口組と一和会の抗争や、九州の同仁会と九州誠道会など、暴力団抗争は組を割って出た方の敗北に終わった。しかし溝口氏は今回は違うとみる。
山口組の分裂騒動で、山口組を離脱した組長の名前で「神戸山口組」を発足させたとする文書が出回っている。
日本最大の指定暴力団「山口組」の分裂問題で、山口組から離脱した団体の組長が9月5日、神戸市中央区に集まった。
>山口組の組織が巨大化、武装化していったのは、1985年から2年にわたる旧一和会との抗争、いわゆる「山一抗争」が転機となった。
以前、深夜アニメで「きっと何者にもなれないお前達に告げる」という台詞が出てきて、ちょっとした人気を博していた。「きっと何者にもなれないお前達」という台詞がインパクトをもって受け止められたということは、多くの視聴者が「何者かになりたい」自意識を抱えていたのだろう。それとも「何者かにならなければならない」けれども「何者にもなれそうにない」と思っていたか。