yakyu

ヤンキース入りが決まった田中将大投手が、入団会見を行った。日米合わせて約300人の報道陣が集結。通常の入団会見が行われる会場ではなく、スイートルームの「レジェンズ・クラブ」が使用される超VIP待遇でのお披露目となったが、田中の軽妙な受け答えに何度も笑いが起こり、本人がそのたびに「マー君スマイル」を弾けさせる和やかなムードとなった。
ニューヨークの地元紙「デイリー・ニュース」電子版が、ヤンキースの田中将大投手がメジャーリーグに早期適応するために乗り越えなければいけないハードルについて特集し、話題となっている。
ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMはESPNラジオのインタビューで今オフ争奪戦の末に獲得した田中将大投手の起用法を、ローテーションの3番手と明言したことについて、メディア側の"誤解"だと主張している。ニューヨークポストが報じ、話題になっている。
ヤンキース入団が決まった田中将大投手(25)の投球が、一足早くニューヨークのファンに"お披露目"されることになった。ヤンキース傘下のケーブル局YESネットワークが、24勝無敗の圧倒的な成績を残した昨年の田中の登板試合のうちの1試合を現地時間10日に放映すると発表した。
マー君の"パートナー"は誰になるのだろうか。ヤンキース入団が決まった田中将大投手(25)にとって、いかに少ないストレスでルーキーイヤーを過ごせるかは、結果を残すために大きな要素となる。鍵を握るのは、通訳の存在だ。
レンジャーズのダルビッシュ有投手(27)は、渡米から2年間で確固たる地位を確立した。昨年はサイ・ヤング賞の投票の2位に入るなど、早くもメジャー屈指の投手として認識されている。では、ダルビッシュの価値はメジャーの投手の中で何番目に位置しているのか。
ヤンキース入りが決まった田中将大投手(25)は初年度から何勝できるのか。本人の投球と同じくらい重要となってくるのは、打線の出来だろう。昨季は貧打に苦しんだヤンキースだけに、大補強でテコ入れした攻撃陣のパワーアップに期待したいところだ。
迎える2月1日。今年は一段とキャンプへの視線が集まるだろう。最も注目を浴びるのは、松井秀喜氏が合流する読売巨人軍に違いない。その巨人を筆頭に、今年のセ・リーグ6球団のキャンプの注目を紹介したい。
ヤンキースの先発エース、CC・サバシア投手が楽天から7年1億5500万ドルで加入する田中将大投手を大歓迎した。ニューヨークポストが報じ、話題になっている。
ヤンキースが田中将大投手と結んだ7年1億5500万ドル(約160億円)という巨額条件により、メジャー先発陣の年俸がインフレ状態に陥る可能性が浮上した。田中のヤンキース入りのニュースをいち早く報じた米フォックススポーツのケン・ローゼンタール記者が報じ、話題となっている。